リノベーションを実現させる前に確認する事

>

中古マンションを購入する前に

マンションの構造

マンションの構造上、リノベーションできない箇所が多々あります。
中古マンションは安く購入できますが、色々制限されてしまう点ではデメリットも感じます。
マンションの構造上、土台となる柱があります。その土台となる柱が部屋の真ん中にあり、リノベーションで邪魔だからといって壊す事はできません。
また、壁を壊して広くしたい方にも、壊せないマンション物件もあります。
マンションという事もあり、隣人や、壁の薄さも下調べをした上で、購入を検討された方が失敗も少なくなります。
また窓を開けてみたら、日当たりが悪い、大きい看板が邪魔などマイナス点も出てくるかと思います。
どうにも出来ない事もあるため、部屋の広さや、間取り以外にも、下調べしておく必要があります。
購入した後にリノベーションしたい方には、マンションの構造や周りも把握しておきましょう。

管理上できない箇所

マンションを購入したとしても管理上、規約によってリノベーションのできない箇所がいくつかあります。
まずは玄関のドアです。だいたいはリノベーションできません。
しかし、ドアの内側の内装は変えられるという物件はあります。
今度は床になりますが、マンションという事もあり、隣人の音を気にしてフローリングを禁止にしている物件があります。
こちらも購入して後々からリノベーションできない事に気づき、後悔する方がいるといいます。
今度は電気の容量ですが、こちらも制限があるため、購入前には容量を確認しなければ、何度もブレーカーが落ちて不憫に思う事があります。
後は、お風呂場になりますが、狭いから広くしたい、足が伸ばせられる浴槽にしたいと考えていたところ、管理規約上出来なかったという失敗例もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る