中古マンションを購入しリノベーションしてみよう

リノベーションを実現させる前に確認する事

購入費用とリノベーション予算

中古マンションを選び購入してから、リノベーションが完了するまでにはおよそ4か月から半年の期間がかかる事を予想しておくと良いでしょう。
リノベーションは、資金の事、物件の事、リノベーション会社とやる事が多く何から手を付けていいのかわからなくなりますよね。
また、様々な事をするにあたって窓口も違いますし担当する人も違うため、信用していいのかも不安になります。やはり大金が動くため信頼は大事かと思います。
そんな面倒な事を総合的に任せられるワンストップ型が多いといいます。
物件とリノベーション、ローンなどの事をトータルでプランを出してくれます。
なので、物件の購入費用とリノベーション費用も一体化できます。
物件を購入してから、その物件が管理規約などでリノベーション出来なかった、購入の時に予算がオーバーしてしまいリノベーションできず、そのまま住む羽目になってしまったなどの失敗例が多々あります。そういった失敗をなくし、色んなプランを提示してくれます。
引き渡しするまで最後までやっていただくので、色んな技術の専門家が必要になります。
物件の事に関しても、デザインに対しても、やはり専門家の話を聞くことで安心感も違うかと思います。
ワンストップに対応した会社にもよりますが、物件契約前に、物件の下見に同行してくれたり、リノベーションできる物件を探してくれたり、管理規約を確認してくれたり、耐震診断や配管などのチェックと見てくれます。
ワンストップに対応しているか、会社の特長や評判などもしっかり下調べしておきましょう。
また、住み始めてから出てくる不具合のアフターサービスや保証もあるところの方が後々も安心かと思います。

リノベーションとリフォームでは似た意味でも違いが

リフォームとリノベーション、意味が似ているようですが実は違いがあります。 まずリフォームは、作り直す事を意味します。 壁の模様替えや、住宅を改築、増築する事に使われるそうです。 またリノベーションでは、手を加え修復し直す事を意味します。 中古マンションや中古住宅の配管などを修正や再生する時に使われます。

TOPへ戻る